中学行と高校の入学のかかる費用

空も飛べるはず

MENU

中学行と高校の入学のかかる費用

シングルマザーで2人の娘を育てており、かつてこれほど困ったことはありませんでした。娘は3歳違いの姉妹なので、中学生と高校生の入学が同時期に重なったのです。貯金も乏しく、制服代や教科書代、そして入学後すぐの行事のお金を支度。気付けば家賃の支払いができない状態に陥りました。両親も年金暮らしでそんなに裕福な暮らしをしていませんし、元夫はお金を貸してくれる素振りすらありません。

 

借入というものに対しては悪いイメージしかなかったのですが、背に腹は代えられないということで、駅前にあるプロミスの無人契約機に行きました。無人契約機の人気のない空間に内心ビクビクしながら受け答えしていたのですが、契約書を読んだり話を聞いていると、思っているより良心的なのだなと感じました。記入用紙に必要項目を書いていき、希望金額は100000円(10万円)で申し込み。

 

カードはその場ですぐ発行され、家賃の支払いには間に合いました。30日間無利息サービスというものがあったので、利息の発生もなく、給料で無事に返済できて本当に助かりましたよ。娘たちのためにももう少し貯金を頑張ろうと心から思えました。

 

審査時に提出してする書類は以下のものが必要となります。

 

1:本人確認書類
審査を受ける際に以下のひとつは必要です。

 

・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・公的証明書類
・住民基本台帳カード・在留カード
・特別永住者証明証
・個人番号カード(個人番号のついているもの)

 

2:収入が確認出来るもの

 

50万円以上の融資希望、または他社と合わせて100万円を超える借入がある場合、以下のひとつが必要です。

 

・収入証明書類
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書
・所得証明書

 

1は必ず必要なもので、2は50万円以上の融資を希望している方には必須です。プロミスのスマートフォンから24時間いつでも申し込み可能です。無人窓口や無人契約機に直接行って契約する人もここ最近では少なくなりました。スマホから契約される方は、本人確認書類や収入証明書類をカメラでブレがないように写真を撮り、写真をプロミスが指定したアドレスへとメール送信してもらうことで本人確認が可能です。

 

運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票をスマートフォンなどのカメラで写真に収め送信してください。本人確認書類では顔写真があることが条件で、ピントがしっかりと合っていなければ無効となります。50万円以上の借り入れをする場合と、プロミス以外での借入金額が100万円を超える場合に限り、収入証明書類もメールで送信する義務があります。

 

収入証明書類は源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のうちのどれかを選んでください。

 

https://niniseiri-hiyou.kutibue.com/