金融機関と任意売却の関係

MENU

金融機関と任意売却の関係

任意売却をして楽になったと述べる友人がいましたが、その時私はそれがどのような意味なのかわかりませんでした。そもそも法律用語なので私には関係ないと思っていた時期もありました。ですが私が住宅を購入するようになってから、いやでもその言葉の意味を知ることになります。

 

私は住宅を購入した時も金融機関から住宅ローンの商品を紹介され金利が安いところを選び住宅ローンを組みました。返済金額は賃貸住宅に住んでいたころの毎月の家賃と同じぐらいでしたので、それほど大きなものではないと感じましたが、実際にはそこに困難が待ち構えていました。

 

住宅を購入すると、毎月の家賃はなくなるものの、資産税などを支払わなければなりません。そうすると、結果的に住宅ローン以外でも多くの出費が予想されます。
固定資産税が高くなかなか金融機関に返済することができませんでしたので私はとうとう任意売却をすることになりました。

 

結果的に自分の家を手放さなければならなかったことは残念でしたが、より不動産会社と巡り合えたため、割と高い金額で売却してくれたのは不幸中の幸いといったところでしょうか。いずれにしても、そのままにしておくのではなく任意売却をした方が何倍もお得だとわかりました。