浪費で借金をしてしまった話

MENU

浪費で借金をしてしまった話

社会人になりたての時の話になりますが、私は消費者金融で初めて借金をしてしまった。専門学生時代にスロットを覚えてしまい、そこからどっぷりとハマってしまい、社会人になってからも続けていました。決して高くない給料でしたが、普通に生活をしていれば無理なく生活ができる額です。

 

ただ、私は会社終わりにも賭博に明け暮れてしまい、週に4回ほどは必ず行くようにしていました。そんな生活をしている内に、友達が消費者金融のカードを簡単に作れると教えてもらい、私も軽い気持ちでお金を借りることにしました。

 

お金を友達や知り合いに借りるという選択肢があったのですが、会社の先輩で社内の色々な人に借金を借りているという方がいて、その方は周りから嫌悪されていたため、消費者金融から借金をすることに決めました。限度額は50万円ほどでしたが、お金を借りたり返したりしている内に消費者金融の方から限度額アップの誘いが来ました。

 

私は特に断る理由が無かったため、限度額を上げてもらうことにしたのです。それから浪費を色々としてしまい、借金はすぐに50万円を超えました。最初はすぐに返済できると考えていたのですが、思うようにいかずに現在も数十万円ほどの借金が残っています。

借金を通じて学んだこと

つい先日、20万円の借金を完済しました。借りたキッカケは水商売の女性に貢ぎ始めたことで、気が付くと貯蓄もほとんどなくなっていたのです。未熟な私は、こうなってからようやく事の重大さを自覚しました。

 

当初は、20万円くらいすぐに返せるだろうと思っていました。多少食費や雑費を抑えれば、大した金額にはならないと思ったわけです。ところがいざ返済を開始すると、なかなかその数字は減ってくれません。利息ももちろんあったのですが、ちょうどその頃想定外の医療費が嵩んでいて出費が多かったのです。

 

消費者金融から督促状が来たときには、頭が真っ白になってしまいました。結局3ヶ月程度で返せるだろうと思っていた20万円は、最終的に9ヶ月掛けてようやく返すことができました。自らの返済能力を過信して、余裕ぶっていた結果がこれです。

 

借金を抱えていた最中は何もかもが後ろめたく、いつも以上に人目を気にしていました。何故もっと早く貢ぐのを止めなかったのだろうと、後悔の日々です。それ以来、お金をもっと大切に思うようになりました。

 

今回の借金を通じて、自分の甘さを痛感した気がしています。今ではまた少しずつ貯蓄ができるようになっており、心の不安も小さくなりました。もう二度とこのようなことがないよう、自分自身を律していきたいです。

私の借金体験談

私が借金をしたのは、10年ほど前に株の投資に余裕が欲しくて300万ほど某金融機関から借りました。考えが甘かったです。株でもうけて返せば良いと軽い気持ちで借りました。ところがやはり、うまく儲けることが出来ず返済は滞るようになりました。

 

少しずつ返済を続けたのですが元本はなかなか減らずトータルでは500万近く返済したのを覚えています。結局自分だけの返済力では間に合わず、親、兄弟はもちろん数人の友人からもお金を借りるハメになりとても気まずい思いをしました。今ではお金を借りた人達にも無事に返済を済ませ、普通の生活を送れていますが借金はするべきではありません。

 

自分だけではなく周囲の人間にも迷惑をかけてしまいますし、信頼さえ失ってしまうこともあるからです。ほんの少しの欲が抑えられずに人生を棒に降った人もいます。私の場合は周囲の人間も良い人が多かったのが幸いしてそんな結末にはなりませんでしたが、今後一切借金はしないで行こうと思います。

 

普通に返済した私でさえもちょっと怖い人からの警告はありましたからその経験も影響してます。ただし、どうしてもお金がという時はまず親、兄弟から相談するべきだということもその時に学びました。

お勧めサイト